スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの保険証は大丈夫?

昨年の夏から秋にかけて、けんぽ協会(旧:政管健保)の保険証が
オレンジ色から水色のものに変わり、皆さん交換されている
ことと思います。

「古いオレンジ色の保険証も、しばらくは使えます」

ということでしたが、いよいよ今年の3月31日をもって
使えなくなります。

もし、まだ水色の保険証に切り替わっていなかったら、
お勤めの会社に申し出てくださいね。


そしてそして。

今年4月納付分からの健康保険料率があがることになり
そうです

[都道府県単位保険料率(案)]
  北海道  9.42%  青森県  9.35%
  岩手県  9.32%  宮城県  9.34%
  秋田県  9.37%  山形県  9.30%
  福島県  9.33%  茨城県  9.30%
  栃木県  9.32%  群馬県  9.31%
  埼玉県  9.30%  千葉県  9.31%
  東京都  9.32%  神奈川県 9.33%
  新潟県  9.29%  富山県  9.31%
  石川県  9.36%  福井県  9.34%
  山梨県  9.31%  長野県  9.26%
  岐阜県  9.34%  静岡県  9.30%
  愛知県  9.33%  三重県  9.34%
  滋賀県  9.33%  京都府  9.33%
  大阪府  9.38%  兵庫県  9.36%
  奈良県  9.35%  和歌山県 9.37%
  鳥取県  9.34%  島根県  9.35%
  岡山県  9.38%  広島県  9.37%
  山口県  9.37%  徳島県  9.39%
  香川県  9.40%  愛媛県  9.34%
  高知県  9.38%  福岡県  9.40%
  佐賀県  9.41%  長崎県  9.37%
  熊本県  9.37%  大分県  9.38%
  宮崎県  9.34%  鹿児島県 9.36%
  沖縄県  9.33%

現時点で私の住む兵庫県は8.20%なので、大きな負担増
になりますね。

とはいっても、保険料は労使折半なので、企業側は
社員全員の保険料の半分を負担するわけですから大変
だと思います。


社会保険庁が解体され、年金部分は「日本年金機構」へ、
健康保険部分は「けんぽ協会」へ引き継がれました。

それによって、

「健康保険は全国一律の保険料から都道府県ごとに改めるほか、
民間出身者の登用で業務の効率化やサービス拡充を目指す」

らしいのですが・・・。

前段部分はしっかり守られましたが。
特に保険証が早く送られてくるようになったわけでなく、
別に変化は感じられません。
内部は変わったのかもしれませんがねぇ・・・

それに各都道府県別に保険料率が決められても、健康保険の
場合、会社がある都道府県の料率を採用しますので、いくら
京都府に住んでいても、会社が兵庫県なら、兵庫県の保険料率で
計算されちゃうんですね

負担増のため、料率の低い県に移転する会社もでてきたりして。

スポンサーサイト

2010/02/09(火) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(3)

育児休業法が改正されますが

今年の6月に改正育児・介護休業法が施行されます。

その説明会が労働局であったので行ってきました


説明会の内容について書く前に感想を。


  「役所の説明は眠い!」


まぁ、内容が内容だし、参加費は無料だし、贅沢を言ってはいけない。

厚生労働省から来た役人の話は結局資料をかいつまんで読み上げただけ
だったし、労働局の職員は最後まで顔を上げずに資料を読んでいた。

配られた資料は大量で、ボリューム満点だったので、これをもらったら
さっさと帰って熟読しても良かったかもしれない。

資料を読み上げただけのくせに質疑応答はとても短く、みんな手を挙げて
聞きたがっていたのに

  「時間が押していますので次に参ります」

と、そっけなかった。
私もひとつ聞きたいことがあったけれど、直接労働局に問い合わせる
ように言われた。
うーん。。。



文句はこのへんにして


改正点で一番大きなことは、

3歳未満の子を持つ従業員への短時間勤務制度の導入・残業免除の義務化

でしょうか。
今までの制度では、なんやかんや理由をつけたり労使協定を結べば逃げられる
場合があったのですが、今回は逃げられません

それに、この申し出は労働者の権利なので、会社が「承認」するものではなく、
ただただ受け入れるしかないようです。

私は別に企業側に味方しているわけではありませんが、少子化の問題を
企業に押し付け過ぎじゃない?って思ってしまう。
こんな事したって保育所が無けりゃ働けないし。

たまたま正社員で働いていて、たまたま保育所に入所できた、とーっても
ラッキーな人しか、この恩恵を受けられないわけだし。


結局、育児中の労働者を優遇(?)させられることによって、会社はそういう
人間(やはり女性が多い)を元から採用しなくなってしまうのではないかと
思うのです。

まわり回って、そのツケは女性に返ってくるような気がしてならないのです。


今度は男性の育休取得率をあげるのが課題らしいです。
本当は育休とりたい男性は多いらしいですが、ホントかなぁ・・・。
偶然なのか、私の周りではそんな男性見ないけれど。

女性や保育園や地域や企業など、なんか押し付けあってる感がある、この問題。
解決するんでしょうか・・・?

一番肝心な「子ども」が不在になって議論されてるような気がします。

--------------------------------------------------------------------------------

2月6日(土)に
『知っててよかった!いざというとき「お金」が得するセミナー』
を開催します。税理士・社労士の女3人組のコラボセミナーです!

ぜひご参加ください。きっとお役に立てます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

開催日時  2010年2月6日(土) 13時30分~16時30分

会   場  インキュベーションオフィス エリンサーフ
            (JR元町駅・阪神元町駅 徒歩5分)

受 講 料  2,000円(当日、受付にていただきます。)

定 員   先着20名
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。(お申込みもこちらからです!)

 http://af-tax.jp/seminar/2010_02.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/02/03(水) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(2)

実習型雇用制度

実習型雇用制度・・・。

昨年の秋ごろかな、ハローワークのおじさん(もちろん職員)が
会社にやってきて、この制度を教えてくれました。

こんなことではいけないのだけれど、「助成金」にはあまり興味が
ない私

で、そのおじさんが色々と説明してくれました。

『6か月の有期雇用契約をし、その間に仕事を教える(実習型)』

『企業のニーズに合った人材に育成し、その後の正規雇用へと
つなげていく』

『良い人材なら正規雇用へ。ダメなら契約解除OK』

で、正規雇用した場合、下記の助成金が会社に入ると。

1)実習型雇用期間(6か月) ・・・ 一人あたり月額10万円
2)実習型雇用終了後の正規雇入れ ・・・ 一人あたり100万円
3)正規雇入れ後の教育訓練 ・・・ 一人あたり上限50万円

最高で210万円!


で、さっそく事務員さんを求めていた部署にこの制度を利用して
良い方を採用することができました♪
(偶然に私と同郷!田舎の子はいい子が多いわぁ)



しかし・・・。
この制度は助成金を受ける資格があって。そのひとつが

雇用を開始する6カ月前から事業主の都合により解雇(退職勧奨を含む)
をしたことがないこと


なんにも考えずに上役が、長期休業中の社員を先日解雇しちゃったんです

もちろん一方的ではないですよ。
きちんと社員と、その親まで交えて面談のうえ決めたんですが。
(親連れてくるか?36にもなって)

しかし解雇は解雇。

せっかく面倒くさい申請書とか作って手続きしていたのに。

水の泡です。


もちろん、解雇された社員は問題社員だったから、わたし的には助成金もらう
より、こっち切った方が得だとは思いますが



そもそも就業規則が悪いんですね。
こういう問題社員を解雇ではなく、当然退職にするような規定をちゃんと
盛り込んでおかないから。
初歩的なミスです。

いま取り組んでいる就業規則の変更、このあたりはしっかりと規定して
おかないと!

あ、なんだか話がそれちゃいましたが、自分の財布に入るわけでもないのに、
自分がちょっぴり損した気分

2010/01/20(水) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0)

出産育児一時金が引き上げられます

本日10月1日から、「出産育児一時金」の制度が改正され、今まで
1出産あたり38万円の支給が42万円に引き上げられました

「1出産あたり」という表現は、妊娠4ヵ月以上(85日)経過した出産に
ついては、死産も含むということです
早産や人工妊娠中絶についても支給の対象となります。
(支給額は39万円になる場合あり)

また、従来は退院する時の分娩費などはいったん全額を個人が支払って、
あとから一時金を請求するという手順でしたが、今日からは一時金の額を
差し引いた残りの額を窓口で支払うことになりました。
差し引かれた一時金の分は病院が保険者に請求します。

どうせもらえるお金なんだから、最初から差し引いてくれれば負担が
軽いのに・・・私はずっとそう思っていたのですが、ようやくそうなりました

今までは、退院時の支払額が高額になるので、支払わない(支払えない)人も
多く、これは産科の悩みの種だったようです。

この制度なら万が一、支払わない(支払えない)場合でも、最低でも42万円は
病院に入ってくるのですから、病院としても赤字は減ります。


しかし。
一時金の額が増えたからといって、出生率が上がるとは思えず。

最近結婚した後輩に聞いても、
  「出産だけ補助してもらってもねぇ・・・」
という返事。定期健診は保険きかないし。
もちろん、引き上げられたのはありがたいことだけれど、子供は産んで
終わりではないから。

それ以上に保育園の充実を願う女性の方が多いと思います。
それと不妊治療の保険適用化。
禁煙に保険適用するくらいなら、こっちにまわせよと思う
実際には、不妊治療しても授からない場合もあるわけで。
しかし治療の結果が不安定なのは禁煙も同じですけどね。

少子化対策は本当に大変。
財政的にも大変だってよくわかります。

そもそも少子化の何が悪いのか・・・という思いもあったり。
このままでは将来の年金や医療制度は破綻する
子供は、将来の財源じゃないんだよ!
ただ人口増やせば良いみたいな乱暴な論理が透けて見えるのです。

だから、な~んか制度が空回りしているように感じるのですが、みなさんは
どう感じられますか?


2009/10/01(木) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(2)

これからの年金

テレビなどで民主党の新しい政策の説明をみていると、年金の話題が
気になって仕方がない


年金の財源を全額消費税でまかなうとか、そんな案が以前は
ちらほらしていたけど、さすがにそんなアホなことはしない様子。

民主党はこれから4年をかけて政策を詰めていくとのこと

今日見ていたテレビで民主党の議員が説明していたのを聞いて
いると、大きく保険料が変わるのは国民年金の被保険者のようです。


サラリーマンが納める厚生年金や共済年金は、給料に「保険料率」を
かけた金額を労使折半。
だから給料が多ければ保険料も多く、給料が少なければ保険料は
少なくなります。

国民年金は収入にかかわらず基本的に一定額(今年は14,660円)。
この「一定額」を厚生年金などと同じように「一定率」にするらしい。

たとえばサラリーマンの給料と、個人事業主の収入が同じなら、
保険料が同じになるわけですが、サラリーマンの場合、半額は
会社が負担してくれるから、国民年金の方は負担が2倍。

うーん・・・、不公平感はありますが、システム自体は公平な感じが
しないでもない(どっちや

年金をわざと納めない人でも、確定申告して税金は納めていたりするので、
厚労省と財務省は手を組んで、税金とともにしっかり年金も徴収して
いただきたい。

「未納が多い!」って騒いでないで、納める収入がある人からは確実に
納めさせるシステムを作らなきゃダメ。

でなきゃ、一生懸命やりくりして納めている人の年金より生活保護の
方が多いなんて、おかしな例が多数派になってしまいますよね。
そういう意味では、このままでは破綻してしまうと思うんです。

これからの民主党の政策に期待・・・!です

2009/09/04(金) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。