スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「育休」について考える

育児休業法が来年改正されるとかいうニュースが大きく取り上げ
られています。

私は子供を育てる母です。
一民間企業で働いている社会人でもあります。
また、こういう法律を専門とする仕事を目指している者でもあります。

そんな私が「育休」について思うこと。
あくまで個人的に感じることですが。

企業の担当部署に勤めていますが、実感としては、

  『女の敵は女』

です。

キツイですか・・・?
なんだかんだ言っても、会社での業務は程度の差はあれ、「女性の仕事」と
「男性の仕事」は分けられています。
うちなんかけっこう明確に分かれているような気もします。

基本、男性社員は無関心です。
自分の業務に差し支えがなければ。あれば大騒ぎです。
いくら奥さんやお子さんがいても、まったく人ごとです。

だから、女性社員が妊娠したことを公表し、職場復帰を前提とした休業を
申し出ても、わりと穏やかな反応をします。

  「制度があるんだから使えばいいんじゃない?」

ってね

業務に差し支えがあるのはむしろ女性社員です。
女性社員の仕事は当然のように女性に引き継ぎされます。
他の女性社員の場合もあるし、派遣社員を充当することも。

なんとなく「同じ女性同士なんだから・・・」という変な労わりあいの空気も
漂い始めます。
「そんなことないよ、冷たい人間だね」
って思われるだろうなぁ・・・。

でも、そう感じる女性社員も少なくないんです。

結局、女性同士の問題、というのが実感です。

ある女性社員の産前産後休暇・育児休業・そして復帰の流れを見ていた
後輩(独身女性)は、

   「私は育休とらないと思う。いや、とれない。長期間みんなに迷惑かけて、
   どんな顔して復帰するんですか」

と言っています。
切ないけど、その気持ちもわかる。

だからって、子供の手が離れてから働くって、いったいいつ?
それで雇ってくれるの?


育児休業する女性(男性)を手厚くすればするほど、現場レベルでは
取得しにくくなります。
現場をもう少し保護できるような制度や環境をもっと考えないと
精神面ではあまり効果的に機能しないような気がします。

2009/06/12(金) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

sazae

『こんばんわ~』

やすみん がんばってるわね。
(0→1)すごいよ。
セミコン応援に行けないの。残念だわ。
明日はカラー、楽しみね。

2009/06/13(土) 02:37:25 | URL | [ 編集]

やすみん

『お疲れ様でした!』

>sazaeちゃん♪

カラー楽しかったね!!
sazaeちゃんは「夏」ということで、3シーズン目だね(笑)
今までの「秋」「冬」は何だったんでしょうか・・・
今度こそ、「夏」で決定やね!

またセミコンのことは後日ご報告しますね(^^;)

2009/06/13(土) 22:23:27 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yasumin664.blog40.fc2.com/tb.php/32-b266a114
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。