スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

給料が高くて苦情?!

つい1~2ヵ月ほど前に、子会社に採用された61歳の社員Aさんから
本社に苦情がありました。
直接私にではなく上司からの伝達なのですが。その苦情の理由は・・・


   「給料が高い」


最初聞いた時は意味が分からず。
「Aはアホか?」と思いつつ、聞いているとわかってきました。

給料が高いから、年金が減らされると言っているのです。


60歳を超えて働きながら厚生年金に加入していると、もらう給料が高額だと
厚生年金が減額されるんですね。
大雑把に言うと60~65歳の場合、ひと月の給料と厚生年金の合計が
28万円を超えるところが減額のスタートラインです

で、その人のひと月の給料の額というのは、月々もらう給料の額面ではなく、
「標準報酬月額」という、厚生年金に加入する時に
「この人の給料は○○円です」と、会社が届け出をした額なんです。

届け出された額(以下、月額)を元に年金が減額計算されます。

もちろん昇給や休業などで大きく月額が変動したら、変更届けを出しますが、
大きな変化がなければ変更しません。

  「だいたい新規に雇ったオッサンに給料やりすぎ」

なんて考えながら、

  「えらい図々しいオッサンやなぁ」

と思ってしまった私はイケナイ総務部員なのでしょうか


そこまで計算しているなら、最初に給料などの条件を決める時にサイン
するなよ。
その上、交通費は計算に入らないと思っていたらしく、この中途半端さは
誰かの入れ知恵かな・・・と勘ぐってみたり。

  「交通費は月額に含まれる」

と知ったら、

  「こんな交通費、足が出てるのに(自動車通勤なのでガソリン代を支給)」

などと逆切れしたそうな。
えらいオッサンを採用したもんです。

で、実際に支給された給与明細を根拠に、届け出の額を訂正することに。
まぁ、会社もエエ加減です。

それでもAさんの年金は減額されそうですが。
実際に貰った額が多いんだから仕方ない。

  「これでもまだ文句言うなら、よそで働いたらいい」

と、上司も怒っていましたが、このご時世60歳を超えて新規に採用されるなんて
恵まれていると思います。
年金が減額されるほど給料もらえるなんて、ますます恵まれています。

オッサン、なんで私より給料多いんだーーーー(笑)

2009/08/04(火) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yasumin664.blog40.fc2.com/tb.php/43-24e4a381
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。