スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実習型雇用制度

実習型雇用制度・・・。

昨年の秋ごろかな、ハローワークのおじさん(もちろん職員)が
会社にやってきて、この制度を教えてくれました。

こんなことではいけないのだけれど、「助成金」にはあまり興味が
ない私

で、そのおじさんが色々と説明してくれました。

『6か月の有期雇用契約をし、その間に仕事を教える(実習型)』

『企業のニーズに合った人材に育成し、その後の正規雇用へと
つなげていく』

『良い人材なら正規雇用へ。ダメなら契約解除OK』

で、正規雇用した場合、下記の助成金が会社に入ると。

1)実習型雇用期間(6か月) ・・・ 一人あたり月額10万円
2)実習型雇用終了後の正規雇入れ ・・・ 一人あたり100万円
3)正規雇入れ後の教育訓練 ・・・ 一人あたり上限50万円

最高で210万円!


で、さっそく事務員さんを求めていた部署にこの制度を利用して
良い方を採用することができました♪
(偶然に私と同郷!田舎の子はいい子が多いわぁ)



しかし・・・。
この制度は助成金を受ける資格があって。そのひとつが

雇用を開始する6カ月前から事業主の都合により解雇(退職勧奨を含む)
をしたことがないこと


なんにも考えずに上役が、長期休業中の社員を先日解雇しちゃったんです

もちろん一方的ではないですよ。
きちんと社員と、その親まで交えて面談のうえ決めたんですが。
(親連れてくるか?36にもなって)

しかし解雇は解雇。

せっかく面倒くさい申請書とか作って手続きしていたのに。

水の泡です。


もちろん、解雇された社員は問題社員だったから、わたし的には助成金もらう
より、こっち切った方が得だとは思いますが



そもそも就業規則が悪いんですね。
こういう問題社員を解雇ではなく、当然退職にするような規定をちゃんと
盛り込んでおかないから。
初歩的なミスです。

いま取り組んでいる就業規則の変更、このあたりはしっかりと規定して
おかないと!

あ、なんだか話がそれちゃいましたが、自分の財布に入るわけでもないのに、
自分がちょっぴり損した気分

2010/01/20(水) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yasumin664.blog40.fc2.com/tb.php/64-9b306156
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。