スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

育児休業法が改正されますが

今年の6月に改正育児・介護休業法が施行されます。

その説明会が労働局であったので行ってきました


説明会の内容について書く前に感想を。


  「役所の説明は眠い!」


まぁ、内容が内容だし、参加費は無料だし、贅沢を言ってはいけない。

厚生労働省から来た役人の話は結局資料をかいつまんで読み上げただけ
だったし、労働局の職員は最後まで顔を上げずに資料を読んでいた。

配られた資料は大量で、ボリューム満点だったので、これをもらったら
さっさと帰って熟読しても良かったかもしれない。

資料を読み上げただけのくせに質疑応答はとても短く、みんな手を挙げて
聞きたがっていたのに

  「時間が押していますので次に参ります」

と、そっけなかった。
私もひとつ聞きたいことがあったけれど、直接労働局に問い合わせる
ように言われた。
うーん。。。



文句はこのへんにして


改正点で一番大きなことは、

3歳未満の子を持つ従業員への短時間勤務制度の導入・残業免除の義務化

でしょうか。
今までの制度では、なんやかんや理由をつけたり労使協定を結べば逃げられる
場合があったのですが、今回は逃げられません

それに、この申し出は労働者の権利なので、会社が「承認」するものではなく、
ただただ受け入れるしかないようです。

私は別に企業側に味方しているわけではありませんが、少子化の問題を
企業に押し付け過ぎじゃない?って思ってしまう。
こんな事したって保育所が無けりゃ働けないし。

たまたま正社員で働いていて、たまたま保育所に入所できた、とーっても
ラッキーな人しか、この恩恵を受けられないわけだし。


結局、育児中の労働者を優遇(?)させられることによって、会社はそういう
人間(やはり女性が多い)を元から採用しなくなってしまうのではないかと
思うのです。

まわり回って、そのツケは女性に返ってくるような気がしてならないのです。


今度は男性の育休取得率をあげるのが課題らしいです。
本当は育休とりたい男性は多いらしいですが、ホントかなぁ・・・。
偶然なのか、私の周りではそんな男性見ないけれど。

女性や保育園や地域や企業など、なんか押し付けあってる感がある、この問題。
解決するんでしょうか・・・?

一番肝心な「子ども」が不在になって議論されてるような気がします。

--------------------------------------------------------------------------------

2月6日(土)に
『知っててよかった!いざというとき「お金」が得するセミナー』
を開催します。税理士・社労士の女3人組のコラボセミナーです!

ぜひご参加ください。きっとお役に立てます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

開催日時  2010年2月6日(土) 13時30分~16時30分

会   場  インキュベーションオフィス エリンサーフ
            (JR元町駅・阪神元町駅 徒歩5分)

受 講 料  2,000円(当日、受付にていただきます。)

定 員   先着20名
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。(お申込みもこちらからです!)

 http://af-tax.jp/seminar/2010_02.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010/02/03(水) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

とまと

『No title』

セミナーお疲れ様でした。
とても、よかったです。

2010/02/06(土) 21:26:47 | URL | [ 編集]

やすみん

『ありがとう!!』

今日は来てもらってありがとう!
めっちゃ嬉しかったし心強かった!

またゆっくり感想を聞きに行きます♪

2010/02/07(日) 01:03:21 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yasumin664.blog40.fc2.com/tb.php/68-235b35a5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。