スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セミナーの告知です

今月末になりますが、セミナーをします!
10分間セミナーなど、短時間のものは何度か経験があるの
ですが、今回は1時間程度のセミナーです。
初体験です!ドキドキです。

セミナータイトルは、
  「知っててよかった高額療養費!」
  ~父の入院・手術で医療費は1300万円を超えた~


です。
今年の春から夏にかけて、父が心臓の手術のために
約3カ月の入院をしました。

その時の経験をもとに、公的な医療制度がどこまで面倒を
みてくれるのか、どのような手続きをすれば支払いの負担が
一番軽くなるのか・・・などをお話しようと思っています。


どんなに健康な人でも、将来の健康まで自信もてませんよね

それに、どれだけ健康を心がけていても、不慮の事故や思いがけない
病気で、大きな手術や長期入院を強いられることもあるかもしれません。

そんなときに、本人や家族の心の負担を少しでも軽くしたい。
命の心配はお医者様にお任せできますが、費用の心配まではお任せ
できません。

費用の心配は、
  「いったいいくら請求されるか」
という不安が一番強いそうです。

もちろん、高いよりは安い方が助かりますが、
  「だいたいこれくらいの金額になりそうだ」
という見当がつくと、かなり安心を得られるのです。

医療費が高額になりそうな時の不安、少しでも軽くしましょう!
これがセミナーの目的です


私以外に、心を癒してくれるセミナーもあります

  『心を注ぐお茶の美味しい入れ方』

スペシャルゲストとしてお越しくださる講師、畠山友晴
(はたやま ともはる)さんのセミナーです。
京都の老舗お茶屋さんの7代目(私と同い年かな・・・)。
心がほっこりするセミナーですよ♪

かたい話とやわらかいお話、聞きに来られませんか?
私の緊張しまくりの恥ずかしい姿とともにお楽しみください(笑)


・・・・・詳細・・・・・

開催日:平成21年10月31日(土)

時 間:開場 14:00 開始 14:30 終了(予定)18:30

場 所 :大淀コミュニティーセンター

http://www.osakacommunity.jp/kita/index2.html

     地下鉄堺筋線・谷町線「天神橋筋6丁目」駅

     11号出口北へ8分/市バス「天神橋8丁目」すぐ

定 員:30名

参加費:3,000円(ワンドリンク付)

懇親会:19:00から 代金は3,500円程度(希望者のみ)


▼申込はこちら

http://my.formman.com/form/pc/hmFTYEUx2Gy48aFC/


ぜひぜひお越しください!

2009/10/13(火) | 起業に向けて! | トラックバック(0) | コメント(5)

出産育児一時金が引き上げられます

本日10月1日から、「出産育児一時金」の制度が改正され、今まで
1出産あたり38万円の支給が42万円に引き上げられました

「1出産あたり」という表現は、妊娠4ヵ月以上(85日)経過した出産に
ついては、死産も含むということです
早産や人工妊娠中絶についても支給の対象となります。
(支給額は39万円になる場合あり)

また、従来は退院する時の分娩費などはいったん全額を個人が支払って、
あとから一時金を請求するという手順でしたが、今日からは一時金の額を
差し引いた残りの額を窓口で支払うことになりました。
差し引かれた一時金の分は病院が保険者に請求します。

どうせもらえるお金なんだから、最初から差し引いてくれれば負担が
軽いのに・・・私はずっとそう思っていたのですが、ようやくそうなりました

今までは、退院時の支払額が高額になるので、支払わない(支払えない)人も
多く、これは産科の悩みの種だったようです。

この制度なら万が一、支払わない(支払えない)場合でも、最低でも42万円は
病院に入ってくるのですから、病院としても赤字は減ります。


しかし。
一時金の額が増えたからといって、出生率が上がるとは思えず。

最近結婚した後輩に聞いても、
  「出産だけ補助してもらってもねぇ・・・」
という返事。定期健診は保険きかないし。
もちろん、引き上げられたのはありがたいことだけれど、子供は産んで
終わりではないから。

それ以上に保育園の充実を願う女性の方が多いと思います。
それと不妊治療の保険適用化。
禁煙に保険適用するくらいなら、こっちにまわせよと思う
実際には、不妊治療しても授からない場合もあるわけで。
しかし治療の結果が不安定なのは禁煙も同じですけどね。

少子化対策は本当に大変。
財政的にも大変だってよくわかります。

そもそも少子化の何が悪いのか・・・という思いもあったり。
このままでは将来の年金や医療制度は破綻する
子供は、将来の財源じゃないんだよ!
ただ人口増やせば良いみたいな乱暴な論理が透けて見えるのです。

だから、な~んか制度が空回りしているように感じるのですが、みなさんは
どう感じられますか?


2009/10/01(木) | 社会保険あれこれ | トラックバック(0) | コメント(2)

セミナーは参加者目線で

そもそも、私がいろんなセミナーや勉強会に参加するように
なったのは、自分がセミナー講師になりたかったからです。

その中でセミナープロデューサー松尾昭仁さんのセミナー
にも参加するチャンスがあり、お話しする機会もありました。
今回彼の最新著作を読みました。


セミナー講師になって稼ぐ方法 【実践編】 営業しないで売れる!優良顧客をつかめる!セミナー講師になって稼ぐ方法 【実践編】 営業しないで売れる!優良顧客をつかめる!
(2009/07/22)
松尾 昭仁

商品詳細を見る


この著書は【実践編】とありますが、平成18年に第1弾が発売
されていて、今回はその応用編というか中級編のような位置づけ
です。
私は前作を平成18年に初版で購入していました。
その著者に3年たって、直にお会いできるとは思ってなかったので、
出会いって不思議だな~~と思ったものです。


さて、読後の感想ですが、まず読みやすいので、さささ~~~っと
読み切れます♪
表現が難しくないので、「どういう意味?」というのがなく、ストレスなく
読めます。

私が一番印象に残ったのは、第2章の
  「スピーチ内容50%-50%の法則」
の部分です。

セミナーで、講師が参加者の知っていることばかり話すと
「そんなこと知ってるわ!」
と不評を買いますが、だからといって参加者が知らないことばかり
話すと理解されず、お役に立てない結果になってしまいます。

  「何か新しいことを教える場では、参加者が半分知っていて、
  半分新しい情報という配分、つまり50%-50%の内容」

というのが、参加者の満足度がもっとも上がるのだそうです

私はセミナーをする時は、できるだけ参加者の知らないことをたくさん
教えてあげることが、もっともお役に立てることだと思っていました。

必ずしもそうではないんですね

だからとっても難しいセミナーになってしまうだろうし、自分もとても
しんどいんですね。

確かに自分が誰かのセミナーに参加していて、講師の方のお話で
知っている部分があったからってガッカリするなんてことないし、
かえって共感したりするもんなぁ。

セミナーは講師と参加者の両方で作り上げていくものなのに、講師が
参加者目線で考えられなくなったら、その講師は失格ですよね。

この部分、すごく参考になりました。
と同時にセミナーをするのが楽しみになってきました

2009/09/26(土) | 起業に向けて! | トラックバック(0) | コメント(4)

これからが始まり!

8月22日から始まった「創業塾2009」

昨日9月19日をもって全プログラムが終了しました。
5日間・全30時間の工程でしたが、講師のお二人(↓)の講義を
来週から受けられないのは、とても悲しい。


東川さん・福満さん2
※芸人とマネージャーではありません。センセイです。
それに、いつもこんな格好ではありません



起業・創業という大きなテーマでは、やはり内容も抽象的に
なりがちですが、この塾はとても具体的で、
「明日、銀行に融資を受けに行く」ようなつもりで事業計画書を
教わりました


私は起業に対する計画がまったく未熟で、事業計画書も
空欄がある始末
これからしっかり自分の考えを煮詰めていかなければ。

しかし、そんなことは置いといて

この塾で得た出会いがどれだけ貴重か。
分野も場所も大きく違いますが、私と近いタイミングで起業を
考えておられる仲間と出会えたのが最大の収穫でした。

約50人という、多くの参加者がある中、なかなかゆっくりお話
できなかった方もいらっしゃったのですが、最終日の講義のあと、
懇親会でゆっくりお話ができ、より親睦が深まり、と~~~っても
楽しいひと時でした。
もっと話していたかったです


創業塾の受講生仲間のみなさん、講師の先生、
これからも末長くよろしくお願いいたします

2009/09/20(日) | 起業に向けて! | トラックバック(0) | コメント(9)

合格体験を語る!!

先日、あるインタビューを受けてきました

社労士の受験コンサルをされている大沢治子さんが、来月
社労士受験ノウハウ本を出版されるんです
アマゾンキャンペーンをされるんですが、その特典として、
合格体験記CDをプレゼントするとのこと。

その一人として社労士合格体験談を私がお話しすることに
なり、その収録をしてきたのです

大沢さんの存在は受験時代から知っていて、特に3年目の
独学時代にはお世話になりました。

日本法令から出ている『社労士V』を購読していたのですが、
大沢さんが毎月コラムを執筆しておられたのです。


社労士V 2009年 10月号 [雑誌]社労士V 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/01)
不明

商品詳細を見る



受験雑誌に執筆されるような方とひょんなことでお会いすることが
でき、まさかこんな大役をお受けすることになるなんて、本当に
夢みたいです。

私が、もがきながらも続けてきた3年間の話をたっぷりお話しして
きました

私の体験談を聞いて、もし似たような環境で諦めかけていた受験を
再開したり、合格への希望がより強くなる方がいたら、こんなに
嬉しいことはありません。

社労士受験に限らず、社会に出てからの勉強は大変です。
学生時代の恵まれた学習環境を再認識します。

それでも好きなことは諦められないし、結果を出したい。

勉強嫌いな私が3年も勉強を続けられたのは

  「好きなことを諦めきれない執念」

だったと思っています。



今年の合格発表まで、あと7週間!

受験された方の努力が実りますように!

2009/09/18(金) | 起業に向けて! | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。